好きでなにが悪い

チョロいヲタクがNEWSを愛でる

合格発表を迎えた受験生と同じ気持ち

受かってるかな…落ちてるかな…いや、落ちてるとかそんなこと言ったら本当に落ちてる気がするから、受かってるって思っておこう…いや、でもそんな自信満々じゃ落ちた時のショックが…いや、もういっそ、どちらに転ぼうが私はその現実を受け止める!……んー、でも受かってるかな………のループが止まらない。

今日1月20日は、直木賞発表日。メディアでも取り上げられているけど、自担の加藤シゲアキさんが昨年発売した『オルタネート』が直木賞候補作に選ばれた。あの日からどこかぼんやり「すごいな」と思っていたけれど、私自身本を読むことがあまりなく、増田さんと良い勝負。加藤さんの作品は頑張って読んでいるけど、現在『チュベローズで待ってる』のAGE32で半年以上止まっている。そんな私なので本の賞のことはあまりわかっておらず、ぼんやりと「すごいな」と思う所で留まっていた。

この『オルタネート』が発売された時は「私は、私を育てていく。」という帯だった。だが、直木賞候補にノミネートされてからは「直木賞候補作!」という帯も見かけるようになった。収集癖がある(?)ので、私はどちらの帯も欲しくて2冊購入した。実際に「直木賞候補作!」の帯がついた『オルタネート』を手にしてから直木賞というものを意識するようになった。あれから数日経ち、今日という日を迎えた。まだ読んでいないから内容を知らない私でさえドキドキしてしまっている。15時から選考会が始まるらしいと聞いていたけど、まずは芥川賞のお話から。その時間は出勤中でニコニコ動画は開けない。でも、出勤してからならある程度は自由がきく……そう思って出勤してからニコニコ動画を開いてみると、即発表。西條奈加さんの『心淋し川』が直木賞に選ばれていた。西條さん、おめでとうございます!今、加藤さんはどんな気持ちなんだろう。本当の気持ちは加藤さんにしかわからないし、これはただのヲタクの妄想だけど…「君には何ができるの?」って言われて悔しくて書き始めた加藤さんだから、きっと受賞を逃してまた悔しい思いをして「よっしゃやるぞ!」って新しい小説を書いてるんじゃないかな…。

ありがとう、嵐

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!(遅)

とうとう2020年が終わり、2021年になった。同時に、それは嵐が活動休止期間に入ったということでもあり…。櫻井さんや二宮さん、相葉さんはすぐにテレビでお見かけしたが、いずれも「嵐の◯◯(メンバー名)」という紹介のされ方は無くなった。

嵐は、誰もが知る日本の国民的アイドルであり、ジャニーズ事務所の看板アイドルである。ゴールデンタイムの冠番組もあったし、特にこの年末は、テレビで見ない日はないと言っても過言ではなかった。そんな売れっ子の嵐に対しての私の印象は、アイドルグループのお手本。もちろん他のグループにはそれぞれの個性があるからそれは大切にして欲しいけど、嵐のようなメンバー同士の仲の良さやメンバーを想い合う気持ちとかは学ぶべきかなと。メンバーがみんな同じ方向に進んでいないと…その船はバラバラになって大海原に放り出されてしまう。嵐はたとえ荒波に揉まれても団結して、困難を乗り越えてきた。だから今はただただゆっくり休んでねという気持ち。無人島で休憩してキャンプしてもいいよね。大野さんが火を起こしてくれるだろうし。私はあんまり他人と一緒にいるのが得意ではないタイプだけど、嵐を見ていると「こんなにも他人とやっていけるもんなんだ」と思える。1人で何かを続けるだけでも大変なのに、それを5人で…。ここまで嵐を続けてくれてありがとう。今ある状況が当たり前ではないと改めて感じたし、いつも当たり前だと思っていることに感謝できる人間になりたいと思った。ありがとう嵐、いってらっしゃい嵐。また嵐が帰ってくるのを気長に待っています。

【祝】ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ発売

NEWS初のTriple A-side Singleが先週発売されました〜!(拍手) 3人になってからはじめての楽曲。それぞれ全然違うジャンルの曲で、全種類(初回限定盤A,Bと通常盤、通販盤の4種類)揃えれば、カップリング曲も多いからまるでミニアルバムを聴いているような満足感…!と、興奮気味に言ってるくせに発売から1週間経ってからの更新というのには訳がある。

Amazonで初回限定盤A,Bと通常盤の3種セットを購入したのだが、まさかの通常盤にヒビが…。Amazonはよく利用するけれどこんなことは初めてでショックを受けた。しかも、今回は「NEWS PREMIUM LIVE」の視聴IDが入っているのに…。登録期間を過ぎたら観れないし、早く通常盤が帰ってくるのを願うばかり。と思っていたら、わりと早い対応で通常盤が届いた。登録期間にも間に合ったし、ホッとしたところで、早速全ての感想を書いて行く。まずは共通の曲について。

『ビューティフル』は増田さんのドラマ『レンタルなんもしない人』の主題歌だった曲。コロナの関係で撮影が途中でストップして、1〜8話放送後に1〜8話の再放送があり、その後に9,10話の放送があった。再放送までは手越さんを含めた歌割りのバージョンで流れていたけれど、9話からは3人バージョンに。当時眠くて睡魔と戦いながら観ていて「あれ、加藤さんパート増えてる…?夢…?」みたいなことを思ったのを覚えている。自担パートが増えて嬉しいような…なんだか経緯を思うと複雑な感情になるけれど、単に好きな声が1秒でも長く聴けるようになったんだと思うと嬉しい。加藤さんのファルセットがオススメポイントで、めちゃくちゃ伸びやかで聴いてると心が洗われる…!

Music Clip&Makingは、まず初めに増田さんの運転する姿!そして寝転がってる加藤さんにシャワー上がりの小山さん!?歌詞通りの、飾らない日常を切り取った感じの映像。ドラマのレンタルさんの様に、自然の、頑張らないありのままの雰囲気を大切にしているのがよく伝わってきた。何か美しいものを浮かべるというよりかは、日常にあるちょっとした美しさに目を向けるというか。一瞬キメキメの増田さんや、小山さんにちょっかいを出す増田さんもいたけど(笑)いや、増田さんだけじゃ無い、愛のあるヤジが凄い!!加藤さんの撮影の時に「まったりどうぞ〜」って言われてたのが凄く癒されたな…。多分このMusic Clipは仔犬の映像と同じくらいの癒し効果あるわ。小山さんの、メイキング用カメラへの対応も好きで。なんか凄く見つめてくるから…撮影中にこっそり目があって照れちゃうみたいな…(勝手な妄想) 監督さんとの絆も感じられる素敵な映像で、普段あんまり思わないけど、これはずっと流しておきたいMusic Clipかも。

『チンチャうまっか』はみなさんご存知『ゴチになります』のテーマソング。クリスマスイブにクビが発表されたけど、増田さんじゃなくて良かった〜!私は『VS嵐』を全部観たからネットニュースで知って、なんだか親戚の子が受験合格したような感じの安堵感。仕事がシフト制なので『ゴチになります』はあまり見たことがないんだけど(増田さんごめんなさい)、小山さんと加藤さんが出てNEWSが揃った回はちゃっかり録画していて。『ベストアーティスト』でも披露していたけどこの曲、私のツボにハマるハマる!早くもスルメ曲にエントリーされそうな勢い(笑)いろんな言語で「美味しい」を表現していて、まさに『ゴチになります』のタイアアップって感じ。でも、ジャンル的にはジャニーズならではの“トンチキ”ってやつになるのかな…?ちょっとおふざけな感じを真面目にキメてるみたいな。でも『チュムチュム』程ではないし…“ソフトトンチキ”みたいな?笑 アップテンポでラテン系の音も出てくるしノリが良いから、気分を上げたい時にオススメ。でも“トンチキ”“ノリが良い”とだけ思っていたらそれは大間違いで。大サビ前の加藤さんパートの「危なげな 君の瞳(め)は 恋の味」でパンチ喰らいます。なんて儚げに…しかも吐息混じりに歌うなんてずるい…!!

Music Clip&Makingは…え?歌ってる時は増田さんがサイのぬいぐるみ持ってると思ったら、メイキングは小山さんがパンダのぬいぐるみを!?しかも徹子◯部屋みたいな始まり方……あ、また加藤さん内股になってる(笑)「いや、何だこのメイキングは!?」と戸惑ってたら、いつものメイキング映像に(笑)自由な設定がメイキングにも現れてたんですね〜(納得) 後ろのダンサーさんって『ベストアーティスト』でもお世話になってましたよね。あ、時系列的には反対か。カッコよくキメて下さってるおかげで、手前のNEWSの自由さが伝わってる気がする!

『カナリヤ』歌うたびに命を削るというか、魂で歌うというか。加藤さんが音楽番組で披露した時にそんなことを言っていて『「生きろ」』みたいに凄くパワフルな曲だと思った。NEWSが歌うと説得力があるというか…いや、NEWSしか歌えない曲!初めて聴いた『24時間テレビ』では、衣装がチャリティーTシャツだったり私の心の準備が整わなかったり*1で、聴いてもあんまりピンと来てなくて…。振り付けで急に膝立ちになったのにビックリしてしまって全然歌詞入ってこなくて凄く笑いが込み上げてきて、最終的には大笑いしてしまった記憶が……。今思うと「何でそういう感情になったんだ!?」って感じだけど、この間の『CDTV』ではすごく胸にじーんと来て感動した。(私もちゃんと人間だった)

Music Clip&Makingは、このご時世ということもあって(!?)3人が一緒に歌うシーンは無く。朝昼晩という設定でそれぞれ歌唱。1人ずつの撮影だと、各メンバーのスタッフさんとの関わり方がよくわかって面白い!加藤さんは相変わらず人見知りしてるし、小山さんと増田さんはふざけたりして和ませてるし。1番印象に残ってるのは小山さんのビリヤードかな(笑)様になってる…と思いきや、空振り小山さん可愛い!ガンって手をぶつけてしまう小山さんも可愛いし、きっとこの映像を見た加藤さんも「可愛いなぁ」と言っていることでしょう。

初回限定盤A

『CHANGES』イントロからは想像つかなかったAメロ。もっとゆっくりで優しい歌かと思ったら、メッセージが力強く届く曲。普段全く洋楽聴かないから違うかもしれないけど、私の中ではすごく洋楽っぽい感じがした。コヤシゲがAメロの日本語を英語っぽく歌っているからかもしれないけど。2番には加藤さんのラップが久しぶりにあって、子供のように喜んでしまった(笑)4人になってからは増田さんが担当することが多いから…。増田さんも良いけどもっと自担のラップが聴きたかったから喜びでしかない。すごく前向きで、クヨクヨしてる自分を奮い立たせてくれる歌詞が印象的。

初回限定盤B

『朧月』タイトルからして“和”テイストな曲だけど、歌詞に所々英語もあるし「ガリレオ」もいるしで世界観が独特過ぎる…!メロディーラインも結構複雑で、でも「LA LA LA…」のフレーズは1度聴いたらすぐに歌えるほどキャッチーで。きっと日本の曲によく使われる音階でメロディーが作られているんだろうな…。すごく聴き応えのある曲だから、是非次のコンサートで…『KAGUYA』や『I・ZA・NA・I・ZU・KI』とメドレーでもいいから歌って欲しい。増田さんのソロで『暁 -AKATSUKI-』という和テイストの曲があって、それを聴いた時にも思っていたけれど増田さんの歌声って和テイストのメロディーに合う!めちゃくちゃ合う!こぶしとまではいかないけど、グッと力強く歌う所が上手くマッチしていると思うので、ぜひコンサートで…!

通常盤

『Endless Summer』6人の曲が4人になり、ついに3人バージョンになりました。表記もカタカナから英語に変わって、もちろん歌割りも変わって。NEWSもファンもみんな好きな曲だから、かなり大切にして、こうして形が変わっても歌い続けてくれているんだなと感謝。てかNEWSってファン以上にNEWSのことが好きだよね。で、そんなNEWSもファンは好きだよね。はぁ〜幸せの極み!笑 NEWSとファンのことを考えると凄く心が温かくなるし、早くコンサートで愛を交換したい!

通販盤のスペシャルBOX仕様が大きくてビックリ。ミニトートバッグやプレミアム・フォトブック(B4サイズ)が入ってることをすっかり忘れていて、佐川急便から届いた箱を見て「梱包丁寧過ぎ〜*2」と笑っていたらそもそもの中身がデカかった。嬉しい誤算(ただポンコツなせいだけど)のおかげで喜びも大きくなった所でプレミアム・フォトブックをパラっと捲るとあらまなんということでしょう。自担のお顔が…うっ………はっはぁっ。美し過ぎて息をするのを忘れていたわ。小山さんも増田さんも絵になる美しさで見惚れてしまったし、もうこれは家宝にします。大事に大事にしまっておきますっ!

『Champagne Gold』は、お洒落過ぎてついて行けません。休符の感覚が難しくて、カラオケで入れたら地獄を見そう(笑)全体的に大人っぽい歌詞なんだけど、小山さんのセリフのところで一気にアダルティになる。ていうか、小山さんのこの曲の歌い方がセクシー過ぎません?なんで吐息混じりなの?小山担の皆さま生きてますか…?夜景がテーマだった会報の衣装で歌って欲しいなとふと思った。シャンパングラスを鳴らしてNEWSの大人なパーティーが始まったら……映像化して!コンサートでこの曲を披露する前にモニターで流すのはいかがでしょうか!?笑

加藤さんの美しいファルセットを堪能できる新曲、気になった方は是非ポチッとお願いします。年末の音楽番組で披露していたあの曲もこの曲も入ってますよ!

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(初回盤A)

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(初回盤A)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD
 
チンチャうまっか/ビューティフル/カナリヤ(初回盤B)

チンチャうまっか/ビューティフル/カナリヤ(初回盤B)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD
 
ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(通常盤)

ビューティフル/チンチャうまっか/カナリヤ(通常盤)

  • アーティスト:NEWS
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: CD
 

*1:3人になってからの曲は無いし、今回も定番曲『weeeek』とか『チャンカパーナ』か…『フルスイング』とか『U R not alone』あたりを歌うんでしょう…はいはい。という具合に完全に油断していた

*2:Amazonは梱包が大袈裟だからそれに慣れてしまっていて…

2020年の気持ち

※このエントリーではNEWSに対しての正直な気持ちを書き殴っています。NEWSのファン、特に手越さんが好きな方を傷つけてしまうかもしれません。

 

今年、今までに無かった感情が現れた。

私は本当にNEWSが好きなのか?

ずっと自担がNEWSを辞めない限りNEWSを応援すると思っていたけど、まさか違った…?と、疑うようになった。

6月にメンバーが1人減った。辞めた彼の代わりはどこにもいなくて、本当にかけがえの無い存在だった。加藤さんはもちろん好きだけど、自分が思っているよりもNEWSというグループが好きだったことに、彼が去ってから気づいた。

一時期は彼を嫌いになろうと思ったけど、前に「嫌いってことはその人のことを考えてるってこと」みたいなことを彼が言っていた。だから悔しくて、無関心になってやろうと思った。でも(いつかはなるかもしれないけど今は)やっぱり無関心にはなれなくて。彼のファンの友達も何人かいるし、いや、友達じゃなくても彼のファンの方には申し訳ないけれど、彼は私の中では裏切り者という印象が相当強い。あの日から、今もなお。彼がNEWSを裏切ったとは思わないけど、私個人は裏切られたと捉えていた。大袈裟ではなくて、犯罪を犯したレベルで失望した。

そんな彼がいたNEWSというグループは3人になり、夏にオンラインファンミーティングをやってくれた。あの時間はたしかにキラキラしていて、コンサートには及ばないけど興奮もあった。この時は単純に「NEWS好き!」みたいな感情しかなくて。ファンミーティングの中で「今準備していることがある」って言ってくれていたけど、待っても待っても音沙汰なし。「私ってこんなに待てない人種だったか…?」今までNEWSを何度も待ってきたのに、今回はかなり不安に駆られた。「似たような境遇のKAT-TUNみたいに、コンサートができるのだろうか?新曲のリリースができるのだろうか?」と、心配事が自分の中で風船のように何個も何個も膨らんで、もうパンパンで苦しかった。だから、いつしかNEWSのことから距離を置くようになった。今なら、この距離を置くことは、今までに何回もあった“NEWSに辛いことがあれば他のグループに逃げる”と同じパターンだと言えるけど、この時は「NEWSに戻ってくる日が来るのか?」と疑問に思いつつ、他のグループに浸ったり他の趣味に没頭したりしていた。

この時の私は、人にNEWSの話を振られたら語り出して「あぁ、やっぱり私ってNEWSのことが好きなんだなぁ」と思っていた。けれど、自分自身がきっかけになって好きという感情が出てくることは無かった。「こんなままでいいのか?」「これはNEWSのことが好きだと胸を張って言える状態なのか?」と、また不安になり「こんな状態じゃTwitterのフォロワーさんに顔向けできない」→「Twitterを見なくなる」→「情報に疎くなる」→「昨日NEWSの◯◯さんがテレビ出てたんだ…知らなかった…」→「こんなに薄情な私はフォロワーさんに顔向けできない」と、負のスパイラルに突入。それに加えてスマホを機種変し、どのメールもしばらく届かない状態で、唯一受動的に情報が得られるジャニーズからのメールを見ることがなくなった。

スマホのメールが復活して少し経った11月12日。ジャニーズからメールが来ていて「なんだかすごく良い知らせな気がする…」と仕事後にメッセージ動画を開いた。その中で発表されたのが、今年のツアーのオンライン配信と、新曲リリース!動画を観始めた時からずっとニヤニヤしていたけれど、この2つの重大発表に、やっぱりNEWSが好きなんだという感情が溢れ出て仕方なかった。まだ3人のNEWSに慣れないけれど、少しずつ受け入れていこうと思う。「オンラインでもコンサートをやるんだから、アルバム聴かないと!」と、それまで聴いていなかった楽曲を聴くようにもなった。

 

この感情は今しか感じられないと思って残しました。

 

好き!神!尊い!だけでは無く、しっかりとNEWSに対しての感情について向き合えた。なんだかもう今年を振り返るみたいだけど、今年は、時間があった分いろんなことを振り返って自分自身と向き合うことが多かった1年だった。

6月のあの日からずっと不安だった。これから先どうなるか誰にもわからないし、NEWSに対しての感情も迷子だった。でも、そんな曇り空に晴れ間を作ってくれたのはNEWSで。私が探していた場所は、NEWSが愛したココでした。ありがとう、大好きです。

コンサート当日のアクシデント、負傷3選

普段から机の脚に足の指をぶつけたり、自分の体の幅を考えずに壁とドアの隙間を通ろうとして両肩をぶつけたり…と、毎日どこかしらぶつけて怪我をしているドジな私が、最近やってしまったのが爪の内出血。家の中にいた虫を抹殺しようと必死になり過ぎて、床に思いっきりぶつけた結果だ。爪が剥がれることはなかったが、鈍痛がしばらく続いた。

そんな私は、コンサートでも度々怪我をする。お洒落のための傷(靴擦れなど)はある程度予想できるので、絆創膏をあらかじめ貼ったり持って行くことができるが、その場での予期せぬ事態には対応できていない。これからも対応できる気は一切しないが、今までにコンサートで起こったことを振り返り、今後同じことが私や友達に起こってもある程度対応できるようになるためにこのエントリーを書く。また、私より鈍臭い人はきっといないはずだが、これを読んだあなたへの注意喚起になれば…とも思う。それでは、コンサート当日のアクシデント、負傷を振り返り、対策を考えていく。

 

サンダルが壊れた(2012年)

NEWSが4人になって始めてのコンサート(神戸)でのこと。グッズを買い、お昼ご飯を食べに三ノ宮まで戻ろうか…と思って歩いていたら、パカパカと足元から音がなり、見てみるとサンダルの底が剥がれていた。野外+アリーナ席(芝生)ということでペッタンコのサンダルを選び、これなら靴擦れも起きないだろうと喜んでいたのに…まさかの靴側に問題ありとは。現金を多めに持ってきていたので、昼食を食べるついでに三ノ宮でサンダルも買えたのが不幸中の幸いか。あと、近くに三ノ宮という物が買えるところがわりと近くにあったのも大きかった。

対策としては、現金を多めに持って行くこと。都心はカードが使えるだろうけど、地方だと使えないと想定して現金を用意しておくべきかと。十分管理には気をつけないといけないが、お金がなくて裸足で帰るよりはマシ。

 

右手親指の爪が内出血(2015年)

このエントリーを書こうと思ったきっかけの怪我。つい最近やらかした爪の内出血と似たような感じだったのだ…。あれはNEWSのコンサート『White』でのこと。天井席のオーラス参戦で、最後の演出で降ってくる風船がまぁこちらに来る来る。周りのみんなも手を伸ばして抱えるけど、持ててもせいぜい1人5つが限界で。余った風船が通路に残るほどで「こんなにあるなら誰かにあげたい…」と思った私は、より多くの風船を持ち帰るために結び目を解いて空気を抜くことにした。ひとつ、ふたつ、みっつ…とだんだん慣れてきたものの、右手親指がジンジンする…。コンサートでお洒落がしたいがために爪を少し伸ばしてマニキュアを塗っていたのだが、絶対に内出血してる…と思いながら風船の空気を抜き続けた。最終的に5個の風船の空気を抜き、3個は空気が入ったまま手持ちで席を立った。会場外で風船が欲しいと他の人に声をかけて断られていた女子高生2人に空気入りのものを2個あげ、残り1個はホテルで空気を抜いたのだが、その時すでに右手親指の痙攣が止まらず、指先の感覚もなかった。翌日自宅に戻ってからマニキュアを落とすと、案の定内出血しており、爪の3分の1くらいが紫色に変色していた。

対策は…これは難しい。風船から楽に空気を抜く方法は思いつかないし、内出血をしたからといって薬を塗ったり飲んだりするわけでもない。時間が1番の薬というこのパターンは、対策しにくい。自分の爪と相談して、無理をしないのが1番かと。あとは、折り畳める大きな袋を持っていき、風船をそのまま持って帰る。ホテルで空気を抜けば、時間があるのでまだ爪の負担が少なくて済むかと。

 

両足小指外側から出血(2018年)

これは、NEWSの15周年記念コンサートでのこと。久しぶりの野外ということで、張り切って準備をしていた私。手持ちの扇風機に防水のスマホケース、モバイルバッテリーも新調しちゃったりして。天気が微妙だったので服装はギリギリまで悩んで、結局濡れたら面倒なのでサンダルに決定。が、なかなか良いサンダルが見つからず、妥協して買ったのが良くなかった。お店で試し履きをした時は気にならなかったが、当日の履いてみると両足の小指がサンダルと擦れていた。サンダル焼けが嫌だったので靴下も履いていたし、まぁせいぜい皮がめくれるくらいでしょうと踏んでいた。だが、コンサートが終わって友達とも十分過ぎるくらい語って、さぁホテルに帰ろうと歩いたら激痛が。アドレナリンが切れてきて、靴擦れの痛みが出てきたかと自分の足を見たら、靴下の両足小指の外側が赤く染まっていた。思ったよりも酷い結果になっていたことにその時やっと気づき、ホテルでシャワーを浴びて「沁みる…」と言いながら、数時間前に「大丈夫っしょ!」と傷を軽視していた自分を憎んだ。

対策としては、1つめの件と被らないようにするなら、荷物になったとしても履き慣れたスニーカーを持っていくこと。心の安泰にも繋がるはず。

 

しばらくコンサートが無かったし、もう少しこの状態が続くと予想される。なので、この期間に過去のアクシデント、負傷について振り返り、じっくり対策を考えることができて良かった。私みたく、こんなにドジをして負傷する人はそうそういないと思うけれども…皆様も、くれぐれもお気をつけて、楽しく安全なコンサートにして下さい!

NEWSの結成17周年をお祝いする為に有休を使ってお盆休みよりも長い休みを勝ち取った

大学を卒業し、就職して早◯年。勤務はシフト制で、希望休という有給とは違う休みがある環境にいる私。しかも職場の理解があるので、基本的に土日に開催するNEWSのコンサートには有休をほぼ使わずにここまで来た。そうするとどうなるか。有休が一定日数まで達すると、使われることなく消えてしまう…。まとまった休みを取る為には色々引き継いだりと面倒だけど、働かなくてもお金がもらえるなら、使わないと損ということで、有休を使うことに。

昨年に引き続き今年も、ひとつ前のエントリーでお盆休みの過ごし方について書いた。そこでも触れたが、今年は4日しか休みが無かった。今年のお盆休みのエントリーがこちら↓

ofxt-sg.hatenablog.jp

シフト制なので、同僚の中にはもっと休みが短い人もいた。けれども、私はこのお盆のシフトが分かってからモヤモヤした日々を過ごしていた…。次第にもう少し休まないと、動けない”*1という考えが出て来て、どうしたものかと思ったけれども良いことを思いついた!今年はNEWSの結成記念日が平日だから元々希望休を取るつもりだったけど…これは記念日前後も含めてまとめて休みを取れば良いのでは?有休も消化できるし、一石二鳥!…ということで、調べてみたら今年の『THE MUSIC DAY』が12日の土曜日放送だったので、思い切ってその日から休みをまとめて取ることに。主任や同僚に言ったら「いいや〜ん」という軽い感じで受け入れられたので、ありがたく、合計5日間というお盆休みよりも長い休みを頂いた。

【1日目】

THE MUSIC DAY』を見る日。何を歌うかは知ってたからそういうドキドキは無かったけど、やっぱり3人…というか、奇数でセンターがいるNEWSが新鮮というか違和感というか…戸惑いでしかなかった。これはもう慣れだと思うから、何回か見ていくうちにこの違和感は消えると思うけど。『希望〜Yell〜』の始めで自担の見せ場があるからだろうけど、自担がセンターにいて「!?」みたいな。グループにもよるけど、NEWS担、特に同担ならわかってくれると思うけど、加藤さんっていつも向かって右端にいるんですよね。(逆に小山さんはいつも左端!) だから、無条件で勝手に画面の右を見てしまう癖がついていて「加藤さんじゃない!」と、ビックリしてしてしまう。『ビューティフル』はまだ発売未定だけど、早く聴きたいなって思う曲で。NEWSのほっこり心温まる声担当の増田さんにピッタリ過ぎて…もちろんコヤシゲも良かった。4人から3人になってパートが増えた加藤さんも頑張っていたし、小山さんはサビでオクターブ下を歌って重厚感出していたし。これからも歌う姿が見たいと思ったし、次はどの番組かな?って楽しみになった。(多分『テレ東音楽祭』かな?) 楽しみだったのはNEWSの歌唱部分もだけど、ジャニーズシャッフルメドレーも事前にTwitterとか確認するくらい楽しみにしていた。私的に刺さったのは、三宅さんの“sexy rose”、シャカリキにふざける村上さん、歌いながら上半身タンクトップになる村上さん、歌い終わりに羽鳥さんから「満足しましたか?」と聞かれて「もう一度『Love so sweet』から!」と答える村上さん、『宙船』で櫻井さんの両サイドを固めるコヤシゲ(増田さん羨ましかっただろうな…)、そして井ノ原さんのマッチでぇぇぇぇすっ!(順不同)かな。井ノ原さんがマッチさんに怒られていないことを願うばかりです。あと、上田さん『チャンカパーナ』再履修とか言われてたけど、違う気がした。躍らない姿が清々し過ぎて、むしろ躍らないのが正解に見えてきた…(頑張って躍っていた中間さん、二階堂さん、二宮さん、なんかすみません)

最後になりましたが、Sexy Zone松島聡さん、おめでとうございます。久しぶりに姿を見て垢抜けててビビったし、ジャニーさんは先見の明に優れた人だったんだと改めて思った。無理をせずに松島さんらしく。周りに素敵な仲間もいるしね。これからの活躍を楽しみにしています!

【2日目】

別趣味である文房具(主にマスキングテープ)が私の机を占領していたので、整理するためにニトリへ。ちょうどいい収納ケースを買ったものの、帰宅して開封したら引き出しの中に傷が数ヶ所…。再度ニトリへ行く羽目になって「お値段以下や!」と思いながら交換してもらった。

【3日目】

数ヶ月ぶりに繁華街へ繰り出す。プラザとかLOFTとか色々行って、ジャニーズ以外の趣味を爆発させる。あ、でもお店で『硝子の少年』が鳴った時は歌い出しそうになった(ジャニヲタの性ってやつかな…)

【4日目】

NEWS結成記念日〜!!17周年おめでとうございます。ケーキを買いに近くのお店へ行くも、品揃えが悪くて別の店へ。するとそこは臨時休業してて、更に別の店へ。そこでやっと購入できたけれど、結構遠くまで行く羽目になった(笑)今回はホールではなく、1人ひとつずつ選ぶことに。家族にもお祝いして欲しいから私が全部奢る方式で。

f:id:ofxt_sg:20200919082601j:image

私が選んだのは、シャインマスカットが乗っているショートケーキ!最新版の会報で、NEWSがイチゴのショートケーキを食べてたから私もイチゴのショートケーキにしようと思ったけど。ケーキ屋さんでシャインマスカットを見たら、好きだし加藤さんのメンバーカラーだし、もう買わずにはいられなかった。そういえば、去年愛知で友達とお祝いした時もシャインマスカット乗ってたわ。その時のエントリーがこちら↓

ofxt-sg.hatenablog.jp

ちなみに、私は最初にフルーツを食べてから生クリームとスポンジの鋭角な所を食べるタイプです!(誰が興味あんねん)

【5日目(最終日)】

朝から録画したテレビをひたすら観る。時間がある時にちまちま観ていた『野ブタ。をプロデュース』が最終回を迎えて、めちゃくちゃ淋しくなった。そして、全話DVDに焼こうとしたら、話数が合わない……。そういえば…祖母が6話目か7話目を勝手に消したんだった。悲しみ。そんな私に追い討ちをかけるように夕方から謎の腹痛。月一の出血大サービスの日でもないし出るものは出てる()のに、お腹の上のあたりがキリキリと痛む。次の日の勤務の内容をシフトで知ってしまっているから、もしやストレス…?結局翌日も胃が痛くて泣きそうになりながら出勤した…。

こんな感じで、計5日間のお休みを私なりに楽しんだ。コロナ感染者も少なくなってきたし、繁華街へ久しぶりに行って発散できたのは良かった。お盆休みは引きこもりだったしね。NEWSの結成記念日もしっかりお祝いできて満足!最近やっとこさ『STORY』のグッズも届いたし、なんか、他の趣味に走ろうとしている私を呼び止めてくれてるみたいな…(勝手に妄想しときなさい)

改めて、NEWS結成17周年おめでとうございます。アイドルをここまで続けてくれて、ありがとう。何人になってもNEWSを守ってくれてありがとう。いつも愛を届けてくれてありがとう。「ありがとう」って言葉を言う、言われることの有り難さや難しさも教えてくれたNEWS。もう感謝の言葉しかありません。これからも、私なりに応援していきます。ここ数ヶ月、同じことを続けることって難しいんだなと改めて思った。体を大事に、NEWSが活動を続けられますように。来年も、結成記念日をお祝いさせてください!

*1:いつもの、コンサートで幸せな上半期が無く、私の生きる活力がなくなったので

引きこもり万歳なアラサージャニヲタのお盆休み2020

昨年は1週間ものお盆休みがあり、私の中の松岡修造が目を覚まして「やること全部やったろやないかい!」とそれまでやらなきゃいけないけどやっていなかったことをやる週間にした。その記録がこちら↓

ofxt-sg.hatenablog.jp

今年のお盆休みは残念ながら昨年の約半分の4日で、どう過ごすか考えた結果…引きこもりとして過ごすことに決定!(いぇい) まぁ今年はコロナもあるし、家で大人しくしてましょうということで。祖母と同居なので田舎のおばあちゃん家に行くとかもなく、引きこもりを極めてやる…

【1日目】

朝から晩までゲーム三昧。かの有名なマインクラフトというゲームのスマホ版を何年も前に購入してちょこちょこやっていたんだけれども、先月位からかなりどっぷりハマってしまったようで。楽しい。めちゃくちゃ楽しい。猫と狼と馬をペットにしてるんだけど、猫の1匹に自担の名前を付けた。

f:id:ofxt_sg:20200817150333p:image

君、可愛いね。ちなみに横の猫には慶一郎と、自分の後ろにいるもう1匹には貴久と名付ける予定。ちゃんと首輪の色も変えてくから。まだ自担カラーしかできてないけど。元々可愛がってたけど、ますます愛着が湧いて。自担が猫アレルギーなのは知ってるけど、可愛いから許してね() 狼は今3匹なんだけど、5匹に増やしてエイトのメンバーの名前を付けようかなと。で、馬はKAT-TUNの3人の名前を。名札が無いから集めないとダメなのが大変…。

【2日目】

職場のSさんとオンライン観賞会!今回観たのは、KAT-TUNの『IGNITE』。2人とも炎が出ると興奮するところが一緒で笑った。「今年は現場が無いし、現場用のメイクっていつからしてない?しないと忘れちゃうんじゃ…?」と最近職場で言ってたので、現場用の濃い目のメイクもオンラインでやってみて。これがめちゃくちゃ楽しい!2人ともゴリゴリの現場メイクして盛り上がって『IGNITE』観てキャーキャー言って。めちゃくちゃ疲れたけど楽しかった。仕事後とは違う、あの、現場後の疲労感に似てた。久しぶり過ぎて観終わった後もずっとニヤニヤしてた。私はSさんの部屋に2回も行ったことがあるけれど、私の部屋には招いたことがなかったので、お部屋紹介。ポスターや、本棚に並んだCDや加藤さんの書籍、写真や雑誌などを見せたけど、やっぱり写真になるとアイドルの経年が逐一わかるから、話が長くなる。「◯年の加藤さんはここが良くて、◯年にはそれが無くなったけど今度はこっちが良くなってきて…でもここはこうした方がいいわ」みたいな、加藤さん本人からしたら「はいはい、勝手に言っとけよ」みたいなことをひたすら話す。一通り話し終わったところで、最近手に入れたTwenty★Twentyの『smile』の存在を思い出してその場で開封!Sさんは買おうか迷っていたけれど、私のCDのブックレットを見て即「買う!」って言ってた。上田さんの髪型が心に刺さったらしい。最後にSさんから「うちわってどんな風に収納してます?」と聞かれ、若干お見苦しい私のうちわ収納を紹介。立てて収納してるけれど、ケースのサイズとうちわの量が合ってなくて、プラスチックのケースが膨らんでいる。しかもよく見ると順番に並んでいなかったので、年代順に並び替えて、しかもうちわの周りのビニールについて語ってしまった。(NEWS担ならわかるよね…) 通話を切った後SさんからLINEが来ていて、開くと…加藤さんのカッコ良さをしみじみと語る、なんともいえない顔をしている私をスクショされてた。恥ずかしい…。

【3日目】

家族に誘われて、午後からドライブに。引きこもりを極められなかった。夜は非ヲタの同僚たちとオンライン飲み会。それぞれの部屋をなぜかYouTuberっぽく(?)解説。ちなみに私は途中から加藤さんの説明になってて、かつ自分でも歯止めがきかなくなりそうだったので変なタイミングだったかもしれないけれど話すのを途中で放棄した。ってか2日連続で人に部屋紹介することになるとは思いもしなかった。

4日目

お盆とか関係なく、いつもの休みと同じ過ごし方である録画消化。ちなみに内容は、最新のKAT-TUNのタメ旅と、録り溜めた『野ブタをプロデュース。』。『野ブタ。』は全話録画したのにまだほとんど手をつけられていなかったので、早く観てDVDに焼いてレコーダーから消さなければ。

こんな感じで、あっという間にお盆休みが終わった。今までしたことがなかったオンライン飲み会をやって、楽しかった。あと、ヲタクとの会話は脳を生き生きさせるね。自担の誕生日会も、オンラインで出来たのではと反省もしてるけれど。

 

〜番外編〜

22、23日と放送された今年の24時間テレビ。メインパーソナリティーに増田さんがいるということで、他の年よりは長く、そしてじっくり観ていた気がする。我が家では比較的リモコン権が無い私なので、ご飯時は他局に変えられていたけれど、まぁ大体26時間半中18時間は観ていた。せっかくということで、4年前の2016年にNEWSがメインパーソナリティーを務めた時のチャリティーTシャツを着て観ていた。2日目の夕方にはNEWSの小山さん、加藤さんも武道館に駆けつけて、他のグループからの流れを考えると『「生きろ」』歌うかなと思っていたら!まさかの新曲『カナリヤ』で。録画はしていなかったので、急いでリモコンの1発録画のボタンを押した。NEWSの新曲がこんなに早く、しかも24時間テレビで聴けるとは思わなかった。良い意味で裏切られて「やっぱりNEWS最高…」とニヤニヤしてしまった。関西枠では、関西ジャニーズJr.のAぇ!groupが大活躍していて。特に、福本さんの“ワイパー”が関西に広がったんじゃ無いかな…(笑)

いつもとは全く違う形態の24時間テレビだったけど、今回もまだまだ自分の知らない世界を見せてもらえて勉強になった。職業柄なのか私の周りは非難の声が多い番組だけど、私は素敵た番組だと思った。事前収録もあったり、武道館は無観客だったり、募金は手渡し無しだったり、マラソンは募金ランだったりと、今までとは違うことは色々あったけど、なんとか放送まで辿り着いて、放送も無事終わって、とりあえず一段落。でも、これから2週間程度の間に出演者で感染者が出ないとわかるまでは、安心することはできないだろう。とはいえ無事に放送が終わったということで、メインパーソナリティーの皆さん、関係者の皆さん、お疲れ様でした。